年金の受け取り方

| 未分類 |

観葉植物03個人年金保険とは、生存保険の一種で、老後資金の準備を目的としたものです。また公的年金がもらえるまでのつなぎ資金として、年金の補てん的役割を果たすことが出来ます。
個人年金保険の特徴は、死亡時の遺族補償ではなく、あくまで老後の生活資金を重点に置いています。
個人年金保険の種類は大きく分けて、3種類あります。終身年金、確定年金、有期年金の3種類です。これは受け取り方の分類ですが、年金保険の種類では、変額年金や夫婦年金もあります。
年金の受け取り方で考えてみると、先ずは終身年金があります。あらかじめ定められた年齢から、被保険者が生きている限り、毎年年金が受け取れるものです。死亡すると年金の受け取りは無くなります。
ただし、被保険者が死亡しても、一定期間遺族が受け取れる、保証期間付のものもあります。
確定年金は最初から決められた期間、10年確定の場合は被保険者が死亡しても、10年間年金が受け取れます。また一時金で受け取ることも出来るのです。有期年金は、一定期間被保険者が生きている場合のみ、年金が受け取れるのです。
個人年金保険の払込期間は、分割払いが多いようです。変額年金の場合は、保険料を一時払いで支払う場合が主流です。自分たちに合った保険料の支払方法や、年金の受け取り方法を考えて、契約することです。