年金の受け取り方

| 未分類 |

観葉植物04個人年金保険とは国の運営する公的年金とは違い、民間金融企業が運営する保険の事です。公的年金に対して、私的年金と呼ばれる事もあります。
定年退職から公的年金の支給開始年齢が引き上げられ、退職から支給開始までの生活費の準備の為、公的年金だけでは老後の生活費が足りないため検討される方が多いようです。
大まかな種類としましては契約時に受け取る年金額も決まる定額年金保険。投資信託の制度を取り入れ、成果によって年金額がかわる変額年金保険の二種類があります。
年金の受け取り方は複数あり、公的年金に代表される被保険者が死亡するまで受取人に支払われる終身年金。終身年金に加え受け取り開始から10~15年間保障期間をさずけ、被保険者が死亡しても受取人、もしくは相続人に保障期間終了まで支払う保証期間付終身年金。被保険者の生死に関係なく5~20年など決められた期間支払う確定年金。
決められた期間のうち被保険者が生存している間のみ支払う有期年金。有期年金のうちはじめの5~10年を保障期間をさずけ、被保険者の生死に関係なく支払う保証期間付有期年金。夫婦で個人年金を契約し、夫婦いづれかが生存している限り支払う夫婦年金と様々な受け取り方ががあります。