日本には、年を取っても生活の糧を得ることが出来るように、公的年金の制度があります。公的年金は、特別な事情がない限り、強制的に加入させられます。
会社の正社員として働いている人は、厚生年金と国民年金をそれぞれ受けることが出来ますが、それらの合計額は、生活するための最低レベルしかありません。退職金の金額が高ければ、ある程度余裕が出てきますが、退職金がゼロだったり少額であったりすれば、年金だけの厳しい生活を余儀なくされます。
一方、パート・アルバイトや派遣社員など非正規で働いていて、厚生年金の対象外である人や、自営業・フリーランスの人は、国民年金のみの保障となります。国民年金でもらえる年金の金額は大変低く、それだけで生活するのは極めて難しいです。そのため、正社員に比べて将来の不安ははるかに大きいです。対策を現役のうちからしておかないと、年を取ってから生活出来なくなることが十分に起こりえます。
対策の方法として、貯金がありますが、貯金は引き出しやすく、なかなか貯まりにくいです。また、株や投資信託で運用するのは大変難しく、逆に損をする確率の方がはるかに高いです。個人年金保険なら、途中で引き出すのは困難ですし、年金額は保証されますので、老後に確実に備えることが出来ます。