外貨建の特徴とは

| 未分類 |

日本は高齢者の人数がかなり増えていて、高度の高齢者社会になっています。働き手の数に対して高齢者の数が増えてきており、公的年金制度が維持できるかは不透明です。確実に老後のお金を確保するには個人年金保険も考えなければなりません。
個人年金保険は民間の保険会社によって、自分でお金を積み立てていく保険です。この積み立てたお金によって老後の生活のための年金として活用します。
個人年金保険では外貨建を利用できます。これは外貨を利用した年金保険です。日本円で積み立てるのではなくて、ドルやユーロなどの外貨で積み立てていきます。
この方式のメリットは利回りの良さです。日本円で積み立てるよりも、かなり高い利回りとなっているので、より多くの年金が確保できます。
しかし、もちろんデメリットもあります。それは手数料の多さです。外貨で積み立てる保険なので、実際に年金を受け取る際には日本円でもらいます。このため、外貨から円に交換してもらわなければなりません。この時、為替レートによって交換した後の円が想像よりも少なくなることもあります。
このため、どれくらいの年金が受け取れるのかがよくわからない保険です。年金額を前もって知りたい人にはあまり適していない年金保険と言えます。