» 未分類のブログ記事

外貨建の特徴とは

| 未分類 |

日本は高齢者の人数がかなり増えていて、高度の高齢者社会になっています。働き手の数に対して高齢者の数が増えてきており、公的年金制度が維持できるかは不透明です。確実に老後のお金を確保するには個人年金保険も考えなければなりません。
個人年金保険は民間の保険会社によって、自分でお金を積み立てていく保険です。この積み立てたお金によって老後の生活のための年金として活用します。
個人年金保険では外貨建を利用できます。これは外貨を利用した年金保険です。日本円で積み立てるのではなくて、ドルやユーロなどの外貨で積み立てていきます。
この方式のメリットは利回りの良さです。日本円で積み立てるよりも、かなり高い利回りとなっているので、より多くの年金が確保できます。
しかし、もちろんデメリットもあります。それは手数料の多さです。外貨で積み立てる保険なので、実際に年金を受け取る際には日本円でもらいます。このため、外貨から円に交換してもらわなければなりません。この時、為替レートによって交換した後の円が想像よりも少なくなることもあります。
このため、どれくらいの年金が受け取れるのかがよくわからない保険です。年金額を前もって知りたい人にはあまり適していない年金保険と言えます。

定額の特徴とは

| 未分類 |

現行の個人年金保険の大多数は、定額タイプとなっています。このタイプの特徴は、ひとつに預けたお金がそのまま戻ってくるということにあります。厳密にはまったく同じではありません。多少の手数料が発生するのが一般的です。ただし、金利がありますから、結果的には保険料の方が割安になることが多くなります。
このシステム自体は、銀行に貯金するのと大差ありません。一括や分割で預けたものが、被保険者の死亡後に支払われるだけです。ただし、税金の面では違いが出てきます。単純に個人の預けていたお金を引き出せば、そこには相続税がかかってきます。
一方で、個人年金保険を利用すれば、税金の非課税枠があります。それがひとつのセールスポイントとなっています。また、確定申告時には控除を受けることもできます。大きなリスクがなく、非課税などのメリットがあるということで、こつこつと積立てていく人に向いています。
投資としてみると、利回りのいい商品とは言えません。基本的には、預けた以上には増えていくわけではないからです。しかし、元本が減っていくというリスクを負うこともありません。前述のように、保険料の方が割安になるケースが多いので、どちらかと言えば多少お得になる保険です。

変額型の特徴とは

| 未分類 |

個人年金保険は公的年金の不足分や、年金を受給するまでの繋ぎに利用したりするものです。ゆとりをもった老後生活を送るためには、公的年金だけだと不足になる場合が多いようです。
支給される金額は、働いていた期間の報酬額や支払ってきた期間により変わってきます。国民年金の場合は一定額ですが、厚生年金に比較すると少なくなります。よって個人年金保険を検討していきたいものです。
自分たちが貯蓄してきた金額と公的年金で、十分生活することが出来る人はそのままでもかまわないのかも知れません。今後老齢社会になっていくことで、公的年金の支給年齢や、金額もどうなるのかわからない部分もあるのです。
個人年金保険の種類は多くあります。一定の年齢まで積み立てて、一定の年齢から年金がもらえるものです。もらえる期間が終身なのか確定されているのかで、異なってきます。終身年金と確定年金に大きく分けられるものです。
いずれの受け取り方法でも、年間の受け取り額は決まっています。これに対して、変額型があります。変額年金保険と言われる商品です。
運用によって受け取れる年金額が、増加したり減少することもあります。運用の仕方は株式や投資信託、公社債など組み合わせて行うこともできますが、基本的には被保険者が選択するものです。

高齢化社会が進む現代社会では年金問題が社会問題となっています。昔は60歳になると、年金を貰って悠々自適な年金生活が待っている、と言われていました。ですが現代では25年以上厚生年金を支払い続けても、将来貰う年金は月8万円程度です。その8万円で生活出来るはずなどありません。自分の将来に夢や希望は全く感じられない厳しい現実が待ち受けているのです。
満65歳になると日本国民であれば余程の事情がない限り基本年金を受け取ることが出来ます。条件によっては60歳から64歳の人でも受け取る事が出来ます。ですがその金額は驚く程僅かで1カ月の生活費としては微々たるものです。その為に老後の安定した生活がおくれるように個人年金保険に加入している人がいます。
若い世代の人には、個人年金保険はあまり興味を感じないようですが40歳代後半~50代になると自分の老後の生活が心配になって個人年金保険が気になります。出来れば加入したいけれども気になるのは毎月の保険料です。生活に余裕があれば加入したいのですが景気の悪い現代社会では目先の生活の方が大切に感じます。その個人年金保険の保険料の相場は月額で約16000円です。年間の支払額で12万~18万と言う家庭が全体の約4分の1です。

日本には、年を取っても生活の糧を得ることが出来るように、公的年金の制度があります。公的年金は、特別な事情がない限り、強制的に加入させられます。
会社の正社員として働いている人は、厚生年金と国民年金をそれぞれ受けることが出来ますが、それらの合計額は、生活するための最低レベルしかありません。退職金の金額が高ければ、ある程度余裕が出てきますが、退職金がゼロだったり少額であったりすれば、年金だけの厳しい生活を余儀なくされます。
一方、パート・アルバイトや派遣社員など非正規で働いていて、厚生年金の対象外である人や、自営業・フリーランスの人は、国民年金のみの保障となります。国民年金でもらえる年金の金額は大変低く、それだけで生活するのは極めて難しいです。そのため、正社員に比べて将来の不安ははるかに大きいです。対策を現役のうちからしておかないと、年を取ってから生活出来なくなることが十分に起こりえます。
対策の方法として、貯金がありますが、貯金は引き出しやすく、なかなか貯まりにくいです。また、株や投資信託で運用するのは大変難しく、逆に損をする確率の方がはるかに高いです。個人年金保険なら、途中で引き出すのは困難ですし、年金額は保証されますので、老後に確実に備えることが出来ます。

保険料の決め方

| 未分類 |

桜02個人年金保険での年金の受けとり方法は、確定年金と終身のふたつがあります。確定年金は、年数と金額が決まっており、積み立てた分を受け取り切るようにした方法で、終身はその文字通り、亡くなるまで受け取り続けることができる方法です。どちらが良いかは、個人の好みではありますが、終身の場合だとかなり長生きしないと、保険金を全て受け取りきらない場合もあります。
では、年金を受け取るために当然必要な積立にはどのような方法があるのでしょうか。通常の保険の場合、死亡保障などがついていたり、掛け捨てもあったりして、積立した分がそのまま手元残るわけではありません。しかし、個人年金保険は、そのまま手元に残ります。だからこそ、積み立て方が重要なのです。
積立の方法として、年金建ては、受け取る額に合わせて月々の支払いをきめていきます。一方、保険料建ては、月々支払える金額に合わせていく方法です。一般的には、こちらを使う人が多いのではないでしょうか。いくら年金を多く受け取りたいと思っても、出せないものは出せません。
万が一の備えですから、家計に悪影響を与えてまで積み立てるのはおかしな話となります。家計に負担のないことを前提として、保険料を決定することが大切なのです。

年金額の決め方

| 未分類 |

桜01個人年金保険は、将来受け取る年金額の決め方によっていくつかの種類に分けることができます。
将来受け取る年金額があらかじめ決まっている個人年金を定額年金といいます。将来は決まった金額を確実に受け取りたいと希望する人に向いている保険です。年金の受け取り期間が一定期間と決まっているタイプと、死ぬまで受け取れる終身タイプがあります。年金額が決まっているので、将来のライフプランを考える上では非常にメリットがあります。
保険料の支払いを外貨で行うものが外貨建個人年金保険です。利回りが高いので人気がありますが、為替相場の影響を受けるため元本割れをするリスクもあります。年金の受け取りは円建てになります。年金受け取り時に円安になっていると、多くの年金が受け取れることになります。実際には将来の為替相場については予測が難しいという点を考慮することが重要です。
将来受け取る年金額が決まっていない個人年金を変額型と呼びます。受け取る年金額は保険料の運用実績によって変動します。運用が好調で収益が上がれば受け取り年金額は増えますが、運用が不調に終われば受け取り年金額は少なくなります。投資先は自分で選ぶことが可能なことがメリットと言えますが、元本が保証されていないという点はデメリットになります。

年金の受け取り方

| 未分類 |

観葉植物04個人年金保険とは国の運営する公的年金とは違い、民間金融企業が運営する保険の事です。公的年金に対して、私的年金と呼ばれる事もあります。
定年退職から公的年金の支給開始年齢が引き上げられ、退職から支給開始までの生活費の準備の為、公的年金だけでは老後の生活費が足りないため検討される方が多いようです。
大まかな種類としましては契約時に受け取る年金額も決まる定額年金保険。投資信託の制度を取り入れ、成果によって年金額がかわる変額年金保険の二種類があります。
年金の受け取り方は複数あり、公的年金に代表される被保険者が死亡するまで受取人に支払われる終身年金。終身年金に加え受け取り開始から10~15年間保障期間をさずけ、被保険者が死亡しても受取人、もしくは相続人に保障期間終了まで支払う保証期間付終身年金。被保険者の生死に関係なく5~20年など決められた期間支払う確定年金。
決められた期間のうち被保険者が生存している間のみ支払う有期年金。有期年金のうちはじめの5~10年を保障期間をさずけ、被保険者の生死に関係なく支払う保証期間付有期年金。夫婦で個人年金を契約し、夫婦いづれかが生存している限り支払う夫婦年金と様々な受け取り方ががあります。

年金の受け取り方

| 未分類 |

観葉植物03個人年金保険とは、生存保険の一種で、老後資金の準備を目的としたものです。また公的年金がもらえるまでのつなぎ資金として、年金の補てん的役割を果たすことが出来ます。
個人年金保険の特徴は、死亡時の遺族補償ではなく、あくまで老後の生活資金を重点に置いています。
個人年金保険の種類は大きく分けて、3種類あります。終身年金、確定年金、有期年金の3種類です。これは受け取り方の分類ですが、年金保険の種類では、変額年金や夫婦年金もあります。
年金の受け取り方で考えてみると、先ずは終身年金があります。あらかじめ定められた年齢から、被保険者が生きている限り、毎年年金が受け取れるものです。死亡すると年金の受け取りは無くなります。
ただし、被保険者が死亡しても、一定期間遺族が受け取れる、保証期間付のものもあります。
確定年金は最初から決められた期間、10年確定の場合は被保険者が死亡しても、10年間年金が受け取れます。また一時金で受け取ることも出来るのです。有期年金は、一定期間被保険者が生きている場合のみ、年金が受け取れるのです。
個人年金保険の払込期間は、分割払いが多いようです。変額年金の場合は、保険料を一時払いで支払う場合が主流です。自分たちに合った保険料の支払方法や、年金の受け取り方法を考えて、契約することです。